少額投資を始めよう!資産運用はスタートが肝心

将来のためにファンドを開始

将来のために少しでも資産を増やしたいと考えたら、たとえ少額であっても可能な範囲で資産運用をしましょう。少ししか運用できるお金がなくてもできる投資は多くなりました。その代表的なものがファンドであり、日本には多数のファンド会社があります。大手会社もあればベンチャー会社もあり、それぞれが独自の運用を行っています。資産的に少し余力ができたときには魅力的なファンドを探して、投資を始めてみるようにしましょう。

少額投資は今が開始のとき

少額投資であっても始めてみると良いと言えるのはNISA口座を作ることができるようになったからです。個人の少額投資を促進する目的で始められたのがNISAであり、年間で120万円分の新規購入した投資については、その配当や譲渡益などが最長で5年間まで非課税になります。投資をしていて苦しいと感じてしまうのが税金であり、せっかく稼げたのにその大半が税金になってしまうのは我慢できないという人も多いでしょう。少額投資ではその優遇が認められているのです。

スタートが肝心なファンド

ファンドを始めるときにはスタートが肝心です。どの会社で始めるかが最大の課題であり、何社も利用しようと考えない方が良いでしょう。NISA口座を作るとその口座管理手数料がかかるのが一般的だからです。どの会社で口座を作るかは最初に行う大きな決断になります。ファンドの運営実績をよく比較して魅力的なファンドがいくつか見つかる会社を選んでおくと安心です。成績重視で選んでおくと大きな痛手を被ることはないでしょう。

ファンドの会社の使い道を正しく認識することで、初心者であっても落ち着いて投資活動を始めることが可能となります。