投資信託としてお勧め出来るものとしてあるのが

Jリートファンドというのは

このJリートファンドというのは、要するに投資会社になります。三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用している投資信託の名称です。いくつか特徴的な投資をしているのでそれなりに有名になっているところです。まずは不動産への投資がかなり容易にできる、という点になります。具体的には1万円から投資ができるのです。また、毎月の15日が決算になり、そのときに収益を分配する、という比較的成果が早く見える投資信託になります。

毎月決算型の投資信託になります

毎月、15日にわかるので毎月決算型と呼ばれています。それほど今では珍しい方法ではありませんが、無期限で投資ができますし、かなりお勧め出来る要素はあるといえるでしょう。ちなみに投資ファンドはどこを主戦場にしているのか、ということがありますが、この投資信託は、国内の証券取引所にある不動産投資信託証券をメインにやっています。要するに不動産関係の投資に近い性質がある、ということになりますから覚えておきましょう。

かかってくるコストについて

具体的なコストとしては購入時手数料があります。これは購入価額に2.16%を限界にして、販売会社が独自に決めることになっています。信託財産留保額はなしです。監査費用というのもあり、これがファンドの純資産総額に年率0.0108%の乗数の金額を上限にしてファンドが負担することになっています。そうなりますとその分の負担が間接的ではありますが投資者に負担になりますから、よくよくその点は理解しておくことにしたほうがよいでしょう。

j リートのファンドの決算時、投資家は分配金を受け取ることが出来ます。所謂株における配当金に相当し、その運用が堅調であれば年2回受け取れます。